この物件を見たお客様は、以下の物件も見ています。

  • The Grand Villa

    アパート

    スクムビット(プロンポン~エカマイ・北側)

    BTS エカマイ駅(徒歩8分)

    2010年

  • Greenery Place

    アパート

    スクムビット(プロンポン~エカマイ・北側)

    BTS エカマイ駅(徒歩7分)

    2011年

  • Asa Garden

    アパート

    スクムビット(アソーク~プロンポン・南側)

    BTS プロンポン駅(徒歩5分)

    1985年

  • Natural Park Apartment

    アパート

    スクムビット(プロンポン~エカマイ・北側)

    BTS トンロー駅(徒歩15分)

    1989年

  • The Residence (Sethiwan group)

    アパート

    スクムビット(アソーク~プロンポン・南側)

    BTS プロンポン駅(徒歩11分)

    2008年

お客様が見た物件の履歴

S 59 Executive Apartment

S 59 Executive Apartment

S 59 エグゼクティブ アパートメント

基本情報

住所Sukhumvit Rd. Sukhumvit Soi 59, Klongton-nua, Wattana, B+H152angkok 10110
タイプアパート
ロケーションスクムビット ソイ59
築年2011
総階数 15 階
総部屋数 16部屋
エレベーターの台数 2 台
ペット不可
日本人比率
 
10%

家賃表

間取り 広さ(㎡) 家賃(月額・Baht) 部屋数
3ベッドルーム 240 m² 135,000 16
上記料金は予告なく変更になる事がございます。
 

地図

to set position select region

周辺施設

最寄り駅
BTS エカマイ 11 分
MRT ---- ----
最寄りスーパー マックスバリュー(パークレーン) 10 分
最寄りレストラン街 パークレーン 10 分
最寄り病院 サミティヴェート病院 28 分
上記は徒歩での時間です。

物件評価・推奨する家族構成

単身 ご夫婦 ご夫婦+幼児 ご夫婦+お子様(5才以上) ペットのいるご家族
S 59 Executive Apartment(S 59 エグゼクティブ・アパートメント)は、広い3ベッドルームのみの超高級レジデンスです。立地はさほど良くありませんが、住人は車以外での移動はしない方々なので関係ないのでしょう。共益施設、室内設備共に上質な仕上げとなっています。

共益施設

室内設備

インターネットと有料テレビ放送

インターネットのタイプ
別途申し込み
インターネットスピード インターネット料金
電話会社からの請求書
True Vision NHKプレミア
別途申し込み
日本のテレビ放送
別途申し込み

光熱費等

電気料金
7バーツ/ユニット
水道料金
20バーツ/ユニット
ガス料金
不可
電話回線
TRUE
電話料金
電話会社からの請求書

共益施設、室内設備など、上記内容・金額は予告なく変更になる場合がございます。

 

お部屋訪問記

S 59 Executive Apartment(S 59 エグゼクティブ・アパートメント)は、ソイ59に入る事約200メートル、右側にある物件です。ソイ59は行き止りの為、車も比較的少なく静かで落ち着いた雰囲気となっています。
16階建ての壮麗な建物内に16ユニットしかなく、住戸は5-12階に1フロア2室といった贅沢な配置です。全室3ベッドルーム、240㎡の間取りの超高級物件です。
ロビーに入るとアロマによる花の香りがし、高い天井とビロード張りのソファーが相まってとてもハイソな印象を受けます。
プールは25mメートルの大型で、プール脇に取り付けられたひさしから水が落ちてくるといった心憎い仕掛けもゴージャス感満点です。
家賃は130,000バーツとかなり高めとなっていますが、日本人家族が2世帯いるそうです。羨ましい限りです。
2012年1月25日
*再訪問*
前回の訪問ではお満室で部屋が見られなかった為、再び足を運びました。 3ベッドルーム、240㎡のお部屋を拝見しました。
玄関から入ると目に入るのは、心地良い陽射しのリビング&ダイニング。白いタイル張りの床、クリーム色に塗られた壁に、高級なソファーセットとダイニングテーブルが優雅に組み合わされ、極上の質感を与えています。二重天井に隠された間接照明は、目に差し込んでくる事無く室内をソフトに照らし、優美なお部屋の印象を更に際立たせています。
このお部屋、何とキッチンを2つ備えています。1つ目は、リビング&ダイニングルーム内にある、オープンアイランド型のもの。電気コンロ、ダブルシンク、ビルトインのオーブンと電子レンジ、冷蔵庫を備えます。キッチントップには白大理石が使われており、室内のインテリアに実に美しく調和しています。その奥のお部屋には、もう一つのキッチンがあり、ここにもフルセットのキッチン装備に加え、食洗機、洗濯機、乾燥機が備えられています。その奥には、物干しスペースとメイド部屋。つまるところ、中のキッチンはメイド用、リビングのキッチンは家族用、というコンセプトになっているのでしょう。家賃が10万バーツを超えるこのお部屋で想定されているのは、飽くまで上流階級の生活である為、一般市民の想像とはかけ離れた設計となっているようです。
設計、内装、家具等の全てにおいて、妥協の無い仕上がりとなっているこのお部屋、予算がふんだんにあり、エクゼクティブなライフスタイルを希望する方には、一見の価値ありです。
2012年6月11日

ギャラリー