エリア
スクムビット(ナナ~アソーク)
スクムビット(アソーク~プロンポン・北側)
スクムビット(アソーク~プロンポン・南側)
スクムビット(プロンポン~エカマイ・北側)
スクムビット(プロンポン~エカマイ・南側)
スクムビット(エカマイ~オンヌット)
スクムビット(オンヌット以降)
プルンチット地区
シーロム・サトーン地区
ラチャダーピセーク&ニューペッブリ地区
サイアム・パヤタイ地区
ラートプラーオ地区
バンナー地区
パホン・ヨーティン地区
シラチャ日本人学校&J-Park周辺
シラチャ(スクムビット通り西側/海側)
シラチャ(スクムビット通り東側/内陸側)
アユタヤ地区
チョンブリー地区
BTSMRT
トンロー
プロンポン
アソーク
ナナ
エカマイ
プラカノン
オンヌット
バーンチャーク
プナウィティ
ウドムスック
プルンチット
チットロム
サイアム
ラチャテーウィー
パヤタイ
ビクトリーモニュメント
サパーンクワーイ
アーリー
ラチャダムリ
サラデーン
チョンノンシー
スラサク
サパンタクシン
サナームキラーヘンチャート(国立競技場)
バンナー
ベーリング
シーロム
ルンピニ
クロントーイ
クイーン・シリキット
スクムビット
ペッブリー
タイカルチュラルセンター
ファイクワン
スティサーン
ラートプラーオ
ラチャダーピセーク
ラマ9
サムヤーン
物件の種類
アパート
コンドミニアム
サービスアパート
一軒家
ご予算
 Baht
Family Type
単身
ご夫婦
ご夫婦+幼児
ご夫婦+お子様(6才以上)
ペット可の物件
間取り
スタジオ
1ベッドルーム
2ベッドルーム
3ベッドルーム
4ベッドルーム
5ベッドルーム
その他のご希望
10階建て以上の物件
テニスコート
シャトルサービス
ガスコンロ
屋内の子供の遊び場
屋外の子供の遊び場
お宅拝見・ネオ・アーリー/バンコクのアパート仲介ならyoshidaへお任せください。
お宅拝見#039
ネオ・アーリー 滝沢様 バンコクの物件のご案内はyoshida不動産へお任せください。 バンコクの物件のご案内はyoshida不動産へお任せください。 バンコクの物件のご案内はyoshida不動産へお任せください。 バンコクの物件のご案内はyoshida不動産へお任せください。 バンコクの物件のご案内はyoshida不動産へお任せください。
Neo Aree
スクムビット・ソイ26に入り、ラマ4世通り方面に400mほど行くと、左側にソイ34へ抜けるソイがあります。このエリアは低層アパートや一戸建てが建ち並ぶ閑静な住宅街となっており、繁華街と混然一体化したプロンポン、トンローといった日本人居住区とは一線を隠し、平穏な落ち着きが感じられる周辺環境が広がっています。ラマ4世通りへと足を伸ばせば、大型スーパー「BIG-C」や「ロータス」、日本街やKビレッジもあり、買物や外食に困る事はありません。そんな静かな住宅地の一角に建つアパートネオ・アリーは、2003年に全面改装を行い、1フロアに2ユニット、最上階は5ベッドルームのペントハスを備える豪華レジデンスに生まれ変わりました。今回はこちらにお住まいの滝沢様のお宅を拝見しました。
Neo Aree / ネオ・アーリー
Neo Aree / ネオ・アーリー
新しい生活環境を希望していました。
こちらに引越しをする前は、ソイ34にあるパビリオン・プレースの3ベッドルームに滞在しておりました。ここは日本人の家族が多く住むアパートであった為、1年目の海外生活を送る私たちにとっては都合の良い物件でした。しかしここにいると海外に住んでいるという実感が抱けない事に多少の物足りなさを抱き始め、 国際色豊かな住人のいるアパートへ引っ越したいという気持ちが強くなりました。加えて、パビリオン・プレースの部屋を決めた時は妻が日本に滞在しており、実際に物件を見ていなかったこともあり、今回は妻が主導で物件を決めてほしいという考えもありました。そこで以前よりお世話になっているヨシダ不動産の戸田さんに物件の紹介をお願いし、妻と私と子供とで該当する物件をいくつか見せて頂きました。その中でもネオ・アーリーはかなり妻のイメージに近く、妻からの要望もありこちらに住むことを決めました。
Neo Aree / ネオ・アーリー
250㎡の広々とした3ベッドルーム
駐在員の私は仕事で家を空けていることが多いので、細かいことは分かりません。(笑) 実際に住んでみた印象は妻に聞いてください。≪ここで奥様とバトンタッチ≫ 気に入った点の1つ目は建物の向きです。各階2部屋の贅沢な造りが印象的です。この部屋は南向きで、 大きな建築物が隣接していないので風通しがよく、リビングの反対側にあるキッチンの窓を開けると心地よい風が部屋を通り抜けます。その為、暑い日などでも日中はクーラーを使わなくても済むので、電気代が以前より安くなって助かっています。(笑) 2つ目はレイアウトの良さです。玄関を入ると大きなリビング&ダイニングがあり、ここを通って各ベッドルームが配されているので、生活者に配慮された導線と言えるでしょう。また、各寝室には窓があるのでこちらも風通しは非常に良いです。 主寝室は家族の寝室、第2寝室はお客様の寝室、第3寝室は主人の書斎兼子供の遊び場として活用しています。私と主人と息子の3人で3ベッドルームの間取りは日本では考えられない贅沢な広さですよね?日中は息子が元気に部屋中を駆け回っていますよ。(笑)
Neo Aree / ネオ・アーリー
静かな生活環境を気にっています。
ソイ26の奥にある、行き止まりの細い路地に位置している為、周辺に住んでいる方の車くらいしか通らないので、子供と一緒に安全に歩くことができます。たしかに徒歩圏内に大型スーパー等はありませんが、アパートにあるシャトルサービスを使ったり、アパートそばに待機しているバイクタクシーを利用すれば問題なく移動できるので、それほど不便さは感じません。 もっとも最初の1年間は比較的利便性の良いパビリオン・プレースに住んで、バンコクでの生活をある程度慣れた為、今このような事ができるのだと思います。初めてバンコクに来た方には勿論、バイクタクシーはお勧めしませんよ。(笑)
Neo Aree / ネオ・アーリー
いつも戸田さんにはお世話になっています。
バンコクでの生活も2年目となり、最初の1年目でパビリオン・プレースに住んだことにより、アパートのスタッフの接し方やタイ人の考え方などを理解できたのが多分良かったのでしょうね。こちらに住んでいても電球が点かない等の細かいトラブルはありました。問題があった場合、私からタイ人スタッフに話をして対応してもらい、それが難しかった場合は、ヨシダ不動産の戸田さんに連絡をして、対応して頂いているので全然問題はありません。 私たちの意向を汲んでこのような素敵な物件を紹介してくれた戸田さんには主人共々感謝をしています。まだしばらくはバンコクの滞在が続くと思いますが、これからも宜しくお願いしますね。

お部屋の間取り図


Neo Aree / ネオ・アーリー
バンコクの不動産仲介ならyoshidaへお任せください。
私がご仲介いたしました。
副社長
戸田 弘太郎
奥様より閑静な住宅街にある、欧米の居住者が多く住むアパートに移りたいとのご希望を頂き、最終的にご選択頂いた物件がネオ・アーリーでございました。こちらはアメリカ、オーストラリア、ドイツ、フランス、カナダ、プエルトリコ、ネパールなどの方がお住まいであり、かなり国際色豊かなアパートです。 加えてアパート周辺は一戸建てやアパートがほとんどの閑静な住宅街となっております。今後も、新居における滝沢様のバンコクライフを一生懸命サポートさせて頂く所存です。



  • やっぱりガスを使いたい